30代女性 子育てがひと段落してからのお仕事

・30代子持ち主婦 お仕事探しの現状
20代後半から30代前半にかけて妊娠出産を経て、30代後半になりますと子どもたちは小学校や幼稚園に行くようになりますから、奥様だけの時間が持てるようになります。出産前から育児休暇を取得して仕事に復帰された方以外は、一度退職していることになりますから、一から就職活動をしなくてはなりません。そこで、以前勤めていた会社にもう一度お世話になるという方法もありますが、子どもと一緒に生活していると急に発熱したり、水疱瘡などの感染症で自宅軟禁になることもあります。それが月末の忙しい時期と重なったら、誰かがそれを穴埋めしなくてはならないことになります。そうなると独身の若い女の子を採用したほうが会社にとってリスクは少ないですから、比較されたときに不利になってしまうこともあるのです。

 

・子育てしながらできる仕事とは
このような現状を踏まえると、単発の仕事や派遣のお仕事であればライフワークバランスの均衡が保たれているといえます。近年では家事ライフバランスとも呼ばれているようです。おうちのお仕事も会社のお仕事も「好きだからやりたい!」と思っているお母様はやはり子どもにも輝いて見えるのではないでしょうか。

 

・子育てしながらお仕事をしようと思っている方へのアドバイス
30代はまだまだ子どもに手がかかりますし、できる仕事も正社員に比べたらお小遣い程度にすぎません。それでも少しでも自由に使えるお金があることは豊かな生活を営むうえで素晴らしいことです。子どもたちが中学生、高校生になったときに正社員として雇用してくれるところはわずかですから、何か手に職をつけることをオススメします。いまからでも遅くありません。子育てという経験はどの職業にも活かされますから、是非積極的に活用して自分が輝ける場所を見つけてほしいと思います。