30代からの未経験業界への挑戦

 転職をするときには、前職と似た仕事を探すのが一般的です。キャリアを積むに当たっても20代からある程度の計画を立てつつ、転職を効果的に行って自分のキャリアアップにつなげる試みをすることが大切になります。しかしながら、自分に合った仕事を20代のうちに見つけられるということは稀です。やはり、仕事というのは様々な種類が存在しますし、企業にも相性というものが必ず存在します。

 

 ですから、最初の就職と次の転職で失敗をしてしまった人にとっては非常に大きなハンディキャップになるわけです。それでも、仕事をしないと生活ができませんから、職を探すことになるわけですが、ここで注意をしておきたいのは30代になったら自分に合った仕事を無理矢理にでも作るということが大切だということです。

 

若いうちに自分の道の入り口を見つけましょう

 20代に関しては転職の選択肢がありますから、合わないと感じても次の会社や仕事が見つかりやすいというメリットがあります。こうして自分に合った仕事を探すことができるわけですが、30代になってくると、そういう仕事を選ぶという自由が狭まってきます。ですから、20代のうちに自分が進むべき道を見つけて、それに向かって仕事を自分の「天職」にしてしまうことが重要なのです。