基本的な入社の意欲の示し方

 転職活動での面接や面談で、入社の意欲を示す要素として志望動機が重要になります。志望動機は応募者が会社に対して、就職をしたいという意思表示を示すための重要な項目です。当然、入りたいと思っている応募者は多いので、人一倍印象の強い入社の意欲をアピールする事です。書類選考では、履歴書での応募欄として志望動機の項目があって、対策としては会社を選んだ理由をはっきりさせておく事を意識して記入する事が重要です。

 

応募する会社の業界の魅力を示す

 志望動機の裏付けとして、これから応募をしようとしている会社の様々な魅力を自分の言葉で伝えます。業界の魅力をアピールするためには、丹念な会社の研究が欠かせないです。様々な業界と比較して、応募しようとしている業界だけに魅力のある部分を伝えると印象が良くなります。例えば、新規参入した事業の特性を伝えたり、応募する会社に関係のある商品のメリットなどを伝えます。

 

自分のオリジナルのキャリアを考える

 応募先に活用できる自分だけのキャリアを示して、入社の意欲を伝える事も重要です。仕事の経験と培った能力を箇条書きに書き出して、ビジネスに対する有用性をアピールします。自分のキャリアやビジョンなどを印象良く伝えるためには、エージェントなどを活用して、しっかりと業界の研究や自己分析を徹底的に行います。